会津若松トラックセンター協同組合

会社概要

会津若松トラックセンター協同組合について

当組合は官公需適格組合です

当組合は官公需適格組合証明を取得し、官公需受注(官公庁関係の受注)へも積極的に取り組んでおります。 官公需適格組合とは組合員が一体となって受注契約を確実に履行できる技術力等の向上と、発注機関の信頼に十分応えることのできる責任体制作りを行っている組合に与えられる証明のことで、様々な厳しい条件をクリアーした組合にだけ与えられる証明なのです。

証明基準(物品、役務)

  1. 組合の共同事業が組合員の協調裡に円滑に行われていること
  2. 官公需の受注について熱心な指導者がいること
  3. 常勤役職員が2名以上いること
  4. 共同受注委員会が設置されていること
  5. 役員と共同受注した案件を担当した組合員が連帯責任を負うこと
  6. 検査員を置くなど検査体制が確立されていること
  7. 組合運営を円滑に遂行するに足りる経常的収入があること

組合概要

名称 会津若松トラックセンター協同組合
住所 福島県会津若松市インター西20番地
設立年月日 平成3年10月23日
代表者 代表理事 今井 誠
出資金 22,400千円
組合員数 11社 準組合員3社 計14社
職員 事務局2名
団地総面積 52,139.94平方m(組合用地 3,787.13平方m / 組合員用地22,042.84平方m / 準組合員用地 26,309.97平方m)
総投資額 2,009,058千円(土地1,198,975千円 / 建物等 805,678千円 / その他4,405千円)
組合施設 1.事務所       鉄骨平屋建 132.03平方m
2.事務所・作業場 鉄骨平屋建 341.47平方m
3.共同給油所
  キャノピー 30平方m
  地下貯蔵タンク 60KL(30KL x 2本)
  高速計量機 ダブル1基
許認可 1.第一種利用運送事業経営許可 平成9年5月9日
2.官公需適格組合証明       平成10年7月22日
3.製造たばこ小売販売業許可   平成22年3月30日
加盟団体 日本貨物運送協同組合連合会
全国トラック団地等連絡協議会
社団法人福島県トラック協会
福島県トラック運送事業協同組合連合会

沿革

平成3年10月 貨物運送業17社 関連業7社の合計24社により創立総会
平成4年1月 東北運輸局長及び福島県知事より組合設立の認可を受ける
平成4年2月 会津若松トラックセンター協同組合登記
平成6年6月 運輸大臣より構造改善計画の承認を受ける
平成6年7月 中小企業高度化事業の採択決定
平成7年2月 商業団地計画診断(貨物運送業7社 関連業3社 合計10社)
平成7年9月 商業団地建設診断
平成8年3月 会津若松市より用地を取得
平成8年5月 組合員各事業所建築着工
平成8年6月 組合事務所、共同給油所地鎮祭
平成8年9月 組合事務所、共同給油所開所式
平成8年11月 組合、組合員合同落成祝賀会
平成9年5月 東北運輸局長より第一種利用運送事業の許可を受ける
平成9年8月 中小企業人材確保援助事業団体に認定
平成10年7月 東北通商産業局長より官公需要適格組合の証明を受ける
平成10年9月 準組合員3社を含む全事業所13社の入居完了
平成22年3月 東北財務局長より製造たばこ小売販売業の許可を受ける